高岡漆物語索引漆物語技法組合ギャラリーニュース

1500〜1800年代 1900〜1940年代 1950〜1990年代


1500年代
1585年 天正十三年 ○前田利長が守山城にはいる
1588年 天正十六年 ○豊臣秀吉が御陽成天皇聚楽第行幸を仰ぎ奉る。
 このとき使用された御所車が後に高岡御車山になる
1598年 慶長三年 ○前田利長が加賀二代藩主となる


1600〜1700年代
1600年 慶長五年 ※関ケ原の戦い
1603年 慶長八年 ※徳川家康が征夷大将軍となり徳川幕府を開く
1609年 慶長十四年 前田利長が高岡に築城
 町民に聚楽第行幸時の御所車を分け与える
 高岡御車山祭の始まり(慶長十六年)
●大場庄左衛門が新川郡大場村より指物屋町へ移住。
 家具を製造し、これに漆を塗る
      ■赤物塗が始まる。
      ■箪笥、長持、針箱などを職人が製作し、
       消費者に直接販売する。
1614年 慶長十九年 ○前田利長没す
1615年 元和元年 ○一国一城令により高岡城が廃止
      ■このころ高岡にて仏壇の製造が始まる。
1635年 寛永十二年 ※徳川幕府が鎖国令を発令
1688〜1704年 元禄年間 ●この頃に相当練達した蒔絵技術者で、
 ぬしや八兵衛なる者がいたという
      ■椀、膳、盆などが作られ始める。
1764〜1772年 明和年間 辻丹甫が京都にて修業、帰郷して擬堆黒・朱、
 存星など支那の漆器法を伝える
      ■丹甫塗が始まる(擬堆黒・朱)


1800年代
1804〜1818年 文化年間 ●この頃に砺波屋桃造なる者が鳴鳳堂と称した
1810年 文化七年 ●初代石井勇助生まれる
1818〜1830年 文政年間 ●板屋小右衛門が存星、木彫彩漆に妙技を振う
      ■明和から文政年間にかけて、辻丹甫、砺波屋桃造、
       板屋小右衛門が活躍。
       盆、重箱、菓子器などを作り高岡塗の基礎を築く。
1827年 文政十年 ●初代三村卯右衛門生まれる
1830〜1844年 天保年間 ●高森重次郎が仏壇塗師を始める
1839年 天保十年 ●前田斉泰が高岡に宿泊し、存星刻硯屏(板屋小右衛門作)、
 堆黒文箱(伊勢領屋桃二作)二点を買い上げる
1843年 天保十四年 ●二代石井勇助生まれる
1848〜1860年 嘉永〜
安政年間
●大場屋が製漆商を始める(高岡における製漆商の始まり)
1850年 嘉永三年 勇助塗の確立
各種の材料、技法を併用した勇助塗を創始する
 (初代石井勇助)
1853年 嘉永六年 ※浦賀にペリー来航
1858年 安政五年 ※日米修好通商条約を締結
      ■幕末から明治にかけて初代勇助、三村卯右衛門らが
       錆絵と玉石・貝などで、花鳥・山水・人物などを表現。
       棚・小家具が中心。
1862年 文久二年 ●立野太平治生まれる
1868年 明治元年 ●錆絵、彩漆の研究は、高岡独自の錆絵技法を確立する
(初代三村卯右衛門)
1871年 明治四年 ※廃藩置県
      ■明治に入ると、茶棚・器局・卓台・飾棚が、勇助塗
       盛んに作られ、針指箱・櫛箱・長持・膳など嫁入り道
       具や、杉材を使用して火鉢・床卓なども作られた。
1872年 明治五年 ※新橋―横浜間に鉄道開通
1873年 明治六年 ●ウィーン万国博覧会に初代石井勇助が出品
 審査官に納富介次郎が就任
1876年 明治九年 ○フィラデルフィア万国博覧会の審査官に納富介次郎が就任
1877年 明治十年 ●内国勧業博覧会にて初代石井勇助が妙技賞を受賞
 (シカゴ・パリ)
●駒栄善助、石井勇助、三村松斉らが、県の補助を得て
 初めて先進地視察を行う
1881年 明治十四年 ●第二回内国勧業博覧会にて初代石井勇助が妙技賞を受賞
1882年 明治十五年 ●立野太平治が青貝加工を始める
●三村卯右衛門没す
1886年 明治十九年 ●初代石井勇助没す
1887年 明治二十年 ○納富介次郎が石川県金沢区工業学校校長に就任
1888年 明治二十一年 ○高岡の大火で八百戸を消失
1889年 明治二十二年 ○高岡市市制施行
※大日本帝国憲法発布
1890年 明治二十三年 ●第三回内国勧業博覧会にて二代石井勇助が妙技賞を受賞
○高岡銅器組合結成
1892年 明治二十五年 ○堀二作、初の民間出身の市長となる
1893年 明治二十六年 ●県立工芸品陳列所桜の馬場公園内に開設
 (一年半で閉鎖される)
1894年 明治二十七年 ●富山県工芸学校設立 初代校長に納富介次郎
 彫刻科教諭に村上九郎作を迎える
※日清戦争が勃発
1896年 明治二十九年 ○商工会議所 創立
1897年 明治三十年       ■鯛盆、手ぐり盆を創始し特産彫刻となる。
       (村上九郎作)
1899年 明治三十二年 ○富山―敦賀間に北陸線開通
○高岡市大火で四千余戸を消失

1500〜1800年代 1900〜1940年代 1950〜1990年代


| 入口 | 索引 | 高岡漆物語 | 代表的な技法 | 組合の紹介 | ギャラリー | ニュース |