高岡漆物語索引漆物語技法組合ギャラリーニュース

1500〜1800年代 1900〜1940年代 1950〜1990年代


1950年代
1950年 昭和二十五年 ●板物木地の機械生産が始まる(駒井信吉)
      ■金胎漆器の生産。玉虫塗が流行する。
1951年 昭和二十六年 ●漆の入手が困難になる
●技術工芸義塾を市立塗装指導所に昇格
●市塗装技術指導所開設(所長、山崎立山)
○高岡産業博覧会を高岡古城公園で開催
○高岡市立美術館開館
1953年 昭和二十八年 ●木材の高周波成型の研究(県工業試験場)
●高岡漆器産地診断(診断長、磯部喜一)
1954年 昭和二十九年 ●第二回全国漆器展で団体優勝(高松宮杯を獲得)
      ■昭和二十九年から三十三年頃、大手電機メーカーの
       電熱火鉢が生産額の五割を超える。
1956年 昭和三十一年       ■ポリエステル盆を生産。(新高産業)
      ■昭和三十年代から機械加工で量産化を始める。
       (駒井信吉)
      ■プラスチック素地材による盆菓子器・ベリーセット・
       回転オードブル皿などが盛んになる。
1958年 昭和三十三年 ●高岡漆器意匠審議会発足
●日中貿易の中断により漆の輸入が途絶え、
 漆からカシュ塗料への転換が進む
      ■石油ストーブや電気こたつなどの暖房革命で、
       塗火鉢の生産が激減する。
       文庫・硯箱・パネルなどの室内装飾品が出始める。
1959年 昭和三十四年 ●日本漆器青年研究会開催


1960年代
1960年 昭和三十五年 ●合成樹脂を素材にした安価な製品が全国で出回る
●高岡御車山が国の重要民俗文化財に指定される
※日米新安全保障条約調印
1961年 昭和三十六年 ●第一回高岡市特産見本市開催
1962年 昭和三十七年 ●市立塗装指導所廃止となる
1963年 昭和三十八年 ○積雪二二五センチを記録
1964年 昭和三十九年 ●彼谷芳水が県指定無形文化財保持者に認定
※東海道新幹線開通
※東京オリンピック開催
1965年 昭和四十年 ●富山県漆器意匠審議会設立
●高瀬想風が富山県指定無形文化財に認定
1967年 昭和四十二年 ●高岡市伝統工芸産業技術者指定表彰開始
●高岡漆器工業産地診断(診断長、安倍郁二)
1968年 昭和四十三年 ●高岡市特産産業技術者養成スクール開始
1969年 昭和四十四年 ●高岡市デザイン指導所開設


1970年代
1970年 昭和四十五年 ●(協)高岡漆器センター共同工場完成
 (理事長、黒田長太郎)
1971年 昭和四十六年 ●「富山県漆工総覧」発行
●高岡巧美会設立
1973年 昭和四十八年 ●商工ビル内に市商工奨励館開設
※第一次オイルショック
      ■あかね盆の開発
      ■オイルショックで物価急騰、ウレタン塗装品が
       出始める。
       インテリア・文具の製品開発が活発化。
1974年 昭和四十九年 ●伝統的工芸品産業振興法施行
●高岡伝統産業青年会発足
1975年 昭和五十年 高岡漆器が通商産業大臣指定伝統的工芸品となる
伝統工芸高岡漆器協同組合設立
1977年 昭和五十二年 ●高漆会設立(現・高岡漆器伝統工芸士会)
1978年 昭和五十三年 ●発展途上国の製品の流入
1979年 昭和五十四年 ※第二次オイルショック


1980年代
1981年 昭和五十六年 ●(社)日本漆工「高岡漆器」誌発行
1983年 昭和五十八年 ●(財)高岡地域地場産業センター設立
 同所に、高岡市工芸デザイン指導所開設
●国立高岡短期大学開学
●新商品開発事業(金胎漆器/ふくろう、孔雀)
1984年 昭和五十九年 ●「高瀬想風展」開催(高岡市立美術館)
1985年 昭和六十年 ●高岡漆器、地場産業デザイン高度化特定事業実施
●高岡漆器青年会設立
●記念誌「10年の歩み」発行
●初代石井勇助没後百年事業開催
●インテリア壁面タイルの研究実施(県工業試験場)
1986年 昭和六十一年 ●富山県工業技術センター、二上に開設
●第一回、工芸都市高岡クラフトコンペ開催以降、
 毎年行われる
1987年 昭和六十二年 ●日本漆器(協)連合会の高岡大会開催
1988年 昭和六十三年 ●富山インダストリアル・デザインセンター設立
●カシュ樹脂塗装の臭気除去に関する研究を実施
 (県工業技術センター)
1989年 平成元年 ●中小企業事業転換対策事業実施 塗りのインテリア
 素材開発事業開始、後の「NURI・サーフェス高岡」
 への基盤となる(粟辻博)
※バブル経済が崩壊
※デザインイヤー開催


1990年代
1990年 平成二年 ○高岡市制百周年
●「NURI・サーフェス高岡」開催(AXIS)
●螺鈿による加飾の研究実施(県工業技術センター)
●大井見太郎が富山県指定無形文化財に認定(蒔絵技術)
1991年 平成三年 ●「NURI・サーフェス高岡PART2.」開催(AXIS)
●工芸三機関合同展開催
 (高岡短大・工業技術センター・工芸デザイン指導所)
●(社)日本漆工協会高岡大会開催
●「うるしアートとやま展」開催(高岡市立美術館)
●室内インテリア製品の開発(県工業技術センター)
1993年 平成五年 ●「彼谷芳水回顧展」開催(富山県民会館美術館)
●地域資源等活用型起業化事業実施
 「NURI・サーフェス高岡PART3.」開催(AXIS)
1994年 平成六年 ●高岡市美術館が中川に移転・新築
●彼谷芳水没す
●高岡市伝統工芸技術伝承事業実施(乾漆)
1995年 平成七年 ●銀座松屋にて黒川雅之氏と高岡漆器(協)による
 「百の盆」展を開催
●高岡市美術館にて「山崎覚太郎展」開催

1500〜1800年代 1900〜1940年代 1950〜1990年代


| 入口 | 索引 | 高岡漆物語 | 代表的な技法 | 組合の紹介 | ギャラリー | ニュース |